GOOGLE検索

共同利用共同研究推進センター  研究航海企画センター  

研究航海企画センター

研究船共同利用運営委員会の決定に基づいて、研究船(白鳳丸、新青丸、よこすか、かいれい)の共同利用研究航海の運航計画を策定します。また、共同利用者である所内外の研究者、観測研究推進室海洋研究開発機構(JAMSTEC)や関係省庁などとの連絡や調整を行います。

研究船

学術研究船白鳳丸は、全長100メートル、総トン数3,991トンの大型研究船。遠洋、近海を問わず、世界の海を舞台として、長期の研究航海に使われています。
学術研究船新青丸は、全長66メートル、総トン数1,629トンの中型研究船。主として、日本近海の調査研究で活躍しています。
研究船よこすかは、全長105.2m、総トン数4439トン。主に、潜水調査船「しんかい6500」の支援母船として、深海底の調査を行います。
研究船かいれいは、全長106m、総トン数4517トン。主に、無人探査機「かいこう7000供廚了抉臺豼イ箸靴董海溝域の海底調査を行います。


東京大学大気海洋研究所と海洋研究開発機構が協力して学術研究船の運航にあたっています。


研究船運航計画

研究航海報告はこちら

平成31年度学術研究船白鳳丸運航計画(pdfファイル)

   写真:白鳳丸

平成31年度東北海洋生態系調査研究船(学術研究船)新青丸運航計画(pdfファイル)

   写真:新青丸

平成31年度研究船よこすか運航計画(pdfファイル)

   写真:よこすか

○平成31年度研究船かいれい運航計画

   写真:かいれい

研究航海企画センター

学術研究船運航計画

研究航海報告

東京大学大気海洋研究所 研究航海企画センター

〒277-8564 千葉県柏市柏の葉5-1-5
TEL: 04-7136-6006(代表) e-mail: kikaku[at]aori.u-tokyo.ac.jp