GOOGLE検索

共同利用共同研究推進センター  観測研究推進室  

共同利用観測機器

NORPACネット
北太平洋標準ネット(North Pacific Standard Net)

 太平洋海洋協議会で標準型として採用された長円錐型ネットであり、マクロプランクトン
の定量採集に用いられる。ネットを取り付けるリングにはSingleとTwinの2種類あり、
後者は異なる目合のネットを2枚取り付けることができる。深度150 mから1 m/secで
鉛直曳きすることにより、他海域で広く得られているサンプルとのデータ比較が行える。

仕様:

  網口面積 (Mouse Area): 0.16 m2
  リング直径 (Mouth Diameter): 45 cm
  目合 (Mesh size): 335 µm (NMG52)
    100 µm (NXX13)

NORPAC net (ツイン)
東京大学大気海洋研究所 観測研究推進室

〒277-8564 千葉県柏市柏の葉5-1-5
TEL: 04-7136-6454 e-mail: kansoku[at]aori.u-tokyo.ac.jp